HOME

詩を書いて います。読んでください2015/08/24 9:06 pm

          終わる日
花びらが 舞い落ちるように
紅葉が 落ちるように
きっぱりと
いさぎよく
落下したい
 
地面に落ちて
くちて色をなくす 落ち葉や
名前もない 花弁となり
しばしの宿を貸してくれた 
地球の一部となり
虫けらの隠れ家になり
風と一緒に山を越え
海流の背中に乗り
海の底まで潜り

踏まれて けられて
流れて 土になり
 
再びの世も
この青い星に とどまりたい

天国はいらない

このエントリーの情報

  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (2305)

トラックバックping送信用URLを取得する

この記事へのコメント
アイコン
表題
コメント
ピックアップ画像
運動公園.jpg 晩秋紅葉.jpg 御岳2.jpg
« « 2018 1月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
カテゴリ一覧
最新ブログエントリ
アーカイブ
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

長野県ランキングサイト
木曽路の里だよりは、長野県ランキングサイトに参加しています。
よろしかったら、上記のバナーをクリックしてください。