HOME

プロフィール 猿笑会の皆様 木曽路の便りを見てください。 2010/01/15 10:46 pm

蘇南高校、関東地区同窓会。
猿笑会の皆様。
懐かしい木曽の風景を見ていただきたく
ブログをオープン致しました。
木曽在住の皆様にいただいた、お便り、画像。
新しく、いきいきと情報を
伝えてくれます。
懐かしい木曽谷に瞬時に戻れます。
皆様の近況もよろしければ、お便りください。
10回生のわたしですが、愛する母校、蘇南高校への
思いは、今も新鮮です。
皆様のお越しをお待ちしています。

このエントリーの情報

  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (5649)

プロフィール 学校にホタルが飛んだ 恩師との再会 2010/01/15 12:19 pm



中学の恩師、北村文治先生の著書。
学校にホタルが飛んだ。
あちこち問い合わせても、絶版でした。
古書としてなら手に入るかも。
探しものなら、絶対インターネットですよね。
出品者から、書店から4冊の本が手元に届きました。
想像以上のすごい内容でした。
町田市の大蔵小学校、校長時代の著者が
学校の敷地の中にホタルを自然発生させるために
まず、ボーリングして水、
カワニナ(ホタルの幼虫の食物)を手に入れる。
ホタルを飛ばせるための、ありとあらゆる研究、
さまざまな試み、戦い、努力、試行錯誤の結果、
ホタルが生息できる
環境作りが実を結んだのです。
ご家族の暖かい思いやり、地域の人々との交流、協力、支えが
学校にホタルを飛ばせた。
ホタルが飛ぶ学校が実現したのです。
若き日の恩師が教鞭をとってくださった、
蘭中学、そして蘭小学校は、今は廃校になりました。
中学時代お世話になった、恩師の活躍、生徒達には嬉しい、
出来事です。
仰げば尊し、わが師の恩。
今、噛みしめています。

生まれ故郷信州に戻られた恩師、
現在も引っぱりだこで、
学校、地域、昆虫学会などで活躍されています。
この本の紹介は、先生から許可をいただいています。

このエントリーの情報

  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (5266)

プロフィール あららぎと 斉藤茂吉 2010/01/14 9:43 pm

麓にはあららぎという村ありて
 吾にかなしき名をぞ とどむる
斉藤茂吉が詠んだうたです。
アララギ派の名前の由来は一位の木からとったものでは
ないかと思われます。
そのアララギと想いが重ね合わされた村が蘭村です。
この歌が詠まれたのは昭和11年10月18日。
飯田市でのアララギ歌会に出席するため、
妻籠から飯田に抜ける途中の大平峠の茶屋に立ち寄り、
詠まれた歌です。
今も歌碑があります。

大平の峠に立てば天遠く
 穂高のすそに雲しずまりぬ

昭和初期からの歌人、斉藤茂吉が詠んでくれた我村あららぎ。

一本の道とほりたり。
言葉はシンプルですが、斉藤茂吉の手にかかると
詩的になるのはなぜでしょう。

あららぎ村に生まれて人情豊かな人々、
手付かずの自然に守られ、
育てられたわたし達は
本当に幸せです。

このエントリーの情報

  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (6984)

プロフィール 木曽路の里,あららぎ、蘭。 2010/01/11 11:42 am

木曽路の里、蘭。
あららぎは、わが故郷。
中山道妻籠の宿場から、さらに山を登り、
飯田方面に向かうと
あららぎの里があります。
蘭と書き、あららぎと読み、子供には難しい字でした。
ブログのトップページの
緑がすがすがしい一位の枝。
可愛い紅い実。
一位の木は別名あららぎ・・といいます。
寒さに強く、成長が遅い木です。
華やかな大木ではありませんが、
びっしりと細かく詰まった年輪が美しく、
木工細工の材料として、高級な素材に
位置づけられています。
実は赤く、甘く、とろりとしています。
中の種は真っ黒で大きく、
アルカロイド系の毒素を含みます。
小鳥が食べて体内を通過した種子のみが
発芽すると言われています。
あららぎに思いを馳せて、一位を私の木として
生涯、心に大切にしていきたい。
そんな、思いを
デザイナーの坂口さんにお伝えして
ブログのデザインを新しくしていただきました。
木曽路をこよなく愛する皆様のお便り、
お待ちしています。
故郷を遠く思う皆様に見ていただける、
楽しいページつくり、頑張ります。

このエントリーの情報

  • コメント (1)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (6176)

プロフィール カマキリを見つけた日 2009/11/07 8:19 pm

昆虫や虫、鳥、蝶など
京都の自宅の庭に出ると
なぜか、気になります。子供時代に慣れ、親しんだ
木曽の自然が体に染み付いているのでしょうか。
今日は暖かく思い切り庭の作業が進みました。
ホット一息、あっカマキリ。
京都の多肉植物にゆっくりしているカマキリ。
バッタや昆虫を食べに来たのかも。
珍しい茶色と緑のカマキり。
太っています。


信州では初雪が降ったそうです。
関西は暖かく温暖。
木曽の厳しい自然の中で育ったなんて
自分でも信じられない。
厳しくても木曽の冬も大好きです。












カマキリたちは冬場はどこに。
雪虫を見ました。
京都で見る雪虫。
木曽の雪虫は
真っ白な雪のように夕方飛び交い
冬の到来を告げます。
今日の夕方見かけた京都の雪虫は
集団ではなく
ちらちらと舞って
静かに冬の始まりを教えてくれました。

このエントリーの情報

  • コメント (1)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (5326)

プロフィール 木曽路の里プロフィール 2009/01/01 12:00 am

「木曽路の里だより」Blogです。
長野県木曽郡南木曽町
私たちが生まれ、育った山奥は蘭村。
中山道から飯田に続く山深い里です。

今は人口も少なく小学校も廃校になりました。
一時期600名の児童が登校した学校です。

18歳で故郷を離れ、都会で暮らしてきた私たち、故郷に
憧れや思いが募る年代になりました。
ブログを通じて、変わらぬ田舎の風景、山川、暮らしを
皆さんと共有したいと発信することになりました。
幸い田舎に根をおろしている友人に助けてもらいながら、
更新できそうです。

これから、私たちは
仕事を離れてどんな暮らしになるでしょう。
木曽の原風景や暮らしを見ながら、
幼いころにまた、帰り、
若い時の自分に出会ってくれたら、と思います。

私は今、京都です。

このエントリーの情報

  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (5193)

ページナビゲーション

« 1 2 (3)

ピックアップ画像
上郷.jpg IMG_0053.JPG IMG_0025.JPG
« « 2018 1月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
カテゴリ一覧
最新ブログエントリ
アーカイブ
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

長野県ランキングサイト
木曽路の里だよりは、長野県ランキングサイトに参加しています。
よろしかったら、上記のバナーをクリックしてください。