HOME

野の花 蝶との生活 第2弾 2015/07/19 11:21 am

アゲハ蝶の幼虫、可愛くないですか。
丸々太っています。
足がまた、何とも言えない。
まん丸の糞だって愛らしい。
去年はパセリ、今年はフェンネルにぶら下がっています。
毎朝、観察中。
茎だけになって枯れないように、祈るのみ。
 人間が食べたりする前に、一番おいしいところを全部
もって行ってしまう。
もしも、感謝の気持ちがあるなら、美しいアゲハ蝶になって
家の周りを舞ってください。


このエントリーの情報

  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (1970)

野の花 ササユリ 2015/07/13 7:50 pm

ササユリの花が見たくて、恵子と富士見台に行きました。
あいにくの天気で、雨が降りそうでした。
笹の茂る高原で、可憐な百合を見つけては、あった,あったと
子供のように喜んで、百合とひと時を過ごしました。

花が終わり、種がはじけて、2年後に発芽、7年かかって
一輪の花が咲きます。
絶滅が危惧されます。

ピンクのササユリが高原一帯に広く咲く光景を、思いながら、ササユリとお別れして、下山しました。



このエントリーの情報

  • コメント (3)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (2860)

野の花 蝶との生活 2015/07/07 11:53 am

毎日、雨です。
今年は、季節があっという間に変化。
花もすぐに咲いては散ります。
昆虫や蝶、小鳥たちも、忙しく飛び回っています。
木の実の枝が、朝起きると折られていたり、
生命の営みを身近に感じます。

シジミチョウやモンシロチョウが飛び、庭もにぎやか。
雨で羽が痛んだ蝶、カップルで遊びまわる蝶、
昔に比べ、蝶が少ないのは蝶の幼虫の食べる草が激減、
自然環境が破壊されているから。

蝶の好きな菜の花、パセリ、など、植えたり、
ブットレアの花を植えたり、バタフライガーデンを
ほんの少し、庭に設けたら、
蝶が喜びます。

ブットレアは今から咲く花ですが、
蜂、蝶が花の蜜を吸いに集まってきます。
長い間、花から離れようとしません。

蝶の住む環境つくりに、蝶類保全協会に参加し、
未来へつなぎたいです。


このエントリーの情報

  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (2681)

野の花 百合の花 芙蓉 薔薇 2015/06/26 5:46 pm

鹿児島県は豪雨に見舞われ、連日大雨が降っているそうです。
野菜が腐っていく、庭に水たまりができる、
地域によっては土砂災害。
南木曽も強い雨が降ると、JRが止まってしまいます。
昨年の災害から、もうすぐ1年。
現場はまだ、まだ、復旧に時間がかかりそうです。
今日も良く降りました。

雨の中、花が咲いては散り、季節が過ぎていきます。
ピンクの花がちょっとだけ、元気をくれます。

日曜日は日帰り登山です。
晴れてくれたら、嬉しいです。




このエントリーの情報

  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (2636)

野の花 庭の木の実 2015/06/19 12:42 pm

一歩外に出ると、食べるものが庭にあります。
ゆすら梅、西洋ぐみ、ブルーベリー(色ずくのは、まだ)
ジュンベリー びっくりぐみ。
今から、ミニトマトやナス、野菜も楽しみです。
今日は木曽は寒いくらい。
ひんやりしています。

風邪に注意。
木曽の夏は、油断大敵です。



このエントリーの情報

  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (2645)

野の花 ナスタチウム 食べられる花 2015/06/15 8:44 am

ナスタチウム。
こぼれ種から育てています。
エディブルフラワーの代表。
サラダ、酢の物に彩りよく、飾り、葉っぱも花も食用に。
買ってきた苗は薬を使用している事も有りますので、
食べないで。


このエントリーの情報

  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (2666)

野の花 ゆすら梅 ジュンベリー 2015/06/15 8:37 am

果実が実りだし、毎朝、デザートは庭のイチゴ、ゆすら梅。
そしてジュンベリー。
6月の果実ですね。
ジュンベリー、ゆすら梅も
花は真っ白、画像はジュンベリー。
花嫁衣装のような純白のドレスで覆われます。
花だけでいいと、思いながら、
毎朝、木のそばで
むしゃむしゃやっています。
甘い、もちっとしたジュンベリー。
鳥たちも集団でやってきて、
分け合って食べています。




このエントリーの情報

  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (2589)

野の花 スモークツリー 2015/06/15 8:27 am

オーストラリア原産スモークツリー。
満開です。
煙のように房のように咲き、切ってドライにすると、
かなり雰囲気のあるドライフラワーの出来上がり。
何年でももちます。
この時期には、ホテルのロビーなどに飾られています。
色は紫とグリーンがあります。


このエントリーの情報

  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (2570)

野の花 虫取りなでしこ 2015/06/02 4:32 pm

南木曽町でこの植物に出会わない場所がないくらい、よく見かけます。
自宅の庭もピンク一色になって、びっくり。
花が終わると、茎もあっという間になくなってしまいます。
幼い時から初夏を告げる花でした。
関西ではほとんど見たことがありません。
砂地を好み、肥料が無くてもこぼれ種で増えていきます。
採っても採っても負けじと出てくる可愛いピンクの花です。
白花もあります。




このエントリーの情報

  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (2610)

野の花 落とし文 2015/05/28 7:24 pm












庭のゆすら梅の木に毎年作られる落とし文。
小さな茶筒のような形。
ぶら下がっているのを採って中を観察しようと、
あけて、見ました。
中まで緊密にまかれていて、芸術作品のようです。
何にも入ってないのか・・卵や幼虫が出てくるかも。

これを作ったものが近くにいるはず・
1時間ほどファーブルになってゆすら梅を見張りました。
5,6ミリほどの玉虫色のゴマ粒みたいな虫が
葉を懸命にまいています。
口は細長く、手足も細い、1センチもない昆虫が柔らかな葉を
探して
あちらこちらとうろうろ。葉を見つけると口と手足を動かして
右に巻いて左に移動。
早い作業。
小さな体で休まず、巻ききっていきます。
名前も落とし文。
触れれば、パラっと下に落ちてしまいます。
葉っぱには卵が一個・・揺籃は卵,孵化、羽化、成虫になるまでの頑丈なシェルター。
そして幼虫の食料、子供に環境と食事を与える筒は揺籃、ゆりかごです。
約1年で親は死んでいくそうです。
俳句や和歌にも詠まれ、本来は、面と向かって言えない事件や
物事を、手紙に書いてわざと道端に落とす。
落とし文。
昆虫の正式な名前もオトシブミ。
命を輝かせる初夏に柔らかな葉で懸命に作るゆりかご。

周囲を気を付けてみると、
様々な大きさや形の落とし文を見つけられます。

このエントリーの情報

  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (2069)

ページナビゲーション

« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 9 »

ピックアップ画像
こぶし.jpg 月と木曽山脈.jpg IMG_0062.JPG
« « 2018 2月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 1 2 3
カテゴリ一覧
最新ブログエントリ
アーカイブ
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

長野県ランキングサイト
木曽路の里だよりは、長野県ランキングサイトに参加しています。
よろしかったら、上記のバナーをクリックしてください。