HOME

60歳からの旅 鎌倉の大仏、長谷寺、 2016/01/22 5:40 pm

鎌倉の大仏様は55年ぶりの修復ということで、残念ながら
そのお姿は鉄筋で覆われていました。
江ノ電、江の島電鉄の一日周遊券600円を握りしめ、
ひなびた長谷駅で下車、歩いて大仏様と長谷寺を訪ねました。
長谷寺から由比ヶ浜海岸が一望、紅梅白梅も満開。
鎌倉の寺社は武家の拠点、どの神社仏閣もすがすがしいほど、
すっきりして清廉潔白。
余分なものが無い。
空も雲一つない青空・・・さすが湘南海岸。
素敵な旅になりました。

高徳院は、神奈川県鎌倉市長谷にある浄土宗の寺院。本尊は「鎌倉大仏」「長谷の大仏」として知られる阿弥陀如来像。山号は大異山。詳しくは大異山高徳院清浄泉寺という。開基と開山はともに不詳である。 2004年2月27日、境内一帯が「鎌倉大仏殿跡」の名称で国の史跡に指定された。 ウィキペディア

所在地: 〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷4丁目2−28


このエントリーの情報

  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (2724)

60歳からの旅 鎌倉鶴岡八幡宮 2016/01/22 5:33 pm

修学旅行以来の鶴岡八幡宮・・・八の字が鳩の形です。境内は鳩たちが、のびのびと暮らしています。
数年前に風で倒れた大イチョウの新しい若木も芽を吹いていました。大勢の参拝客で賑わう八幡宮は鎌倉の中心地、
半日かけて池や大木、八幡宮、牡丹園、参道の商店めぐり。
一日いても全部が回りきれない広い神社でした。
修学旅行での記憶はゼロ。
初めての旅でした。






このエントリーの情報

  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (2221)

60歳からの旅 鎌倉寒牡丹 2016/01/22 5:01 pm

旅の目的には入っていませんでしたが、
鶴岡八幡宮の牡丹庭園を発見。入園料500円を支払い、
庭園内を散策。色とりどりの寒牡丹の美しさに圧倒され、
行きつ戻りつ、カメラ片手に楽しい時間を
過ごすことができました。
立てば芍薬、座れば牡丹・・・立っても座っても見事な
豪華絢爛な牡丹の美に酔いしれました。



このエントリーの情報

  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (2201)

60歳からの旅 善光寺参り 2016/01/06 7:42 pm

今年のお参りは長野市善光寺。
暖かく、梅が開花している参道を歩いてお参りしました。
門前町は歩道も広く、たくさんのお店が出迎えてくれます。
参拝客が多くて境内は混み合っています。
以前ランチを楽しんだ農家直営のレストランで野菜、きのこのブッフェを楽しんで、長野駅まで往復歩いて、善光寺の
お参りを無事済ませました。
今年が皆様にも、健康で素敵な一年になりますように。



このエントリーの情報

  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (2535)

60歳からの旅 不動温泉 阿智村へ 2014/06/27 6:41 pm

久しぶりに恵子と二人で一泊の温泉旅行。
なかなか時間が合わず、久しぶりの旅です。
平日とあって、温泉は4組ほど。
静かな宿で温泉と炉端焼きを楽しみました。

昼神から豊田方面に向かう山と川に囲まれた静寂な温泉です。
周囲にあるのは自然と数件の民家。
料理はしし鍋、鯉の旨煮、馬刺し、炉端焼き、とろろごはん。
炉端は川魚、信州牛、野菜、つみれなど。
赤々と燃える炭火の火で焼いて食べる食材は
新鮮でおいしかった。

今日は園原のロープウエイも休業。

ゆっくり風景を楽しみ、帰りました。
富士見高原から清内路に湧水が出ています。
岡崎から、水汲みに来ているご夫婦に会いました。
車の中はペットボトルでいっぱい。

おいしい水、山、川に囲まれた木曽に住んでいると、
忘れていた、当たり前の贈り物を嬉しく、
日々の生活に感謝です。

このエントリーの情報

  • コメント (2)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (3707)

60歳からの旅 北陸の旅 2014/01/28 11:31 am

思い立って金沢、北陸方面に恵子と旅に出ました。
雪がない大寒の北陸。

金沢駅から土日100円で乗れる町バスに乗車。
好きなところで降りたり、乗ったり。
お目当ては近江市場です。
日曜日ですが、観光客でごった返していました。
蟹、甘エビ、ウニ、岩かき、のどくろ、きんき、ぶり。
野菜は蕗のとう、行者ニンニク、キノコ、珍しい加賀野菜。

寿司店は超満員1時間待ちです。
名前を書いてから市場一周。
魚屋の店先で、あまいうに,カキなどその場で食べられます。
二人で殻つきウニを食べ、買い物をして、
寿司屋へ。
ぶり、白エビ、つぼ貝、バイ貝、ボタンエビ、しま海老、
天然のマグロ、次々と食べまくり。

夜は高級15000円の蟹を予約しています。

3時過ぎの電車で片山津温泉へ。
メンバーズホテル片山津温泉ソサエテイに到着です。
温泉グルメの旅。
雪がないのが淋しいのですが、恵子と二人で
北陸の味を思い切り味わって大満足。
楽しかったね
心も体も久しぶりに解放された旅でした。





このエントリーの情報

  • コメント (5)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (4584)

60歳からの旅 京都 松尾大社 2014/01/17 12:16 am


















松尾大社は古事記の時代に創設され、国の重要文化財の
指定を受けています。
阪急、松尾大社駅1分。
回廊式庭園や池、も見所です。
しゃもじに願い事を書き、絵馬と同じように奉納します。
桧皮葺の屋根、歴史のある神社です。東海自然歩道。
境内は広く、1時間位はゆっくり散策したい大社です。
携帯の画像です。

このエントリーの情報

  • コメント (3)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (4121)

60歳からの旅 冬の京都 2014/01/15 11:39 am

久しぶりに京都に。
JR嵯峨嵐山から松尾大社初詣。
松尾大社は今までお参りしたことがない神社。
今年のお願いを小さな声で。
神様に聞こえたかしら。

京都嵐山と言えば、渡月橋。
昨年の台風による爪痕はきれいに無くなって、
川床もいつものようにゆったりと流れていました。
信子さんと二人のお目当ては
松尾大社近くの料理屋。

カウンターに通され、
京料理の逸品コースを味わいました。
祝い肴の八寸、ぶりと甘エビの造り、ふぐの刺身、
味噌仕立ての椀物、てんぷら、香箱蟹、
食事はアナゴ、カラスミがのったもち米を
蒸した二段蒸籠。
などなど。
椀物が絶品。
厨房は狭く、おくどさんがあり、古き良き道具を
いまだに受け継いでいました。
世代を重ねたお店。
食材は天然の魚介類。










大満足でした。
加茂川沿いのホテルに一泊。
朝食は朝がゆ。
昨日の日本料理がおいし過ぎて、何を食べても
感動しない。
食べ道楽の二人の京都の二日間でした。

このエントリーの情報

  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (3293)

60歳からの旅 同行二人 四国遍路 2013/02/24 2:50 pm


  








四国霊場には
樹齢千年以上の欅、カヤの樹などが天に向かって青々と茂って
いました。
境内の梅がほころんでいます。
四国遍路は草鞋わらじ旅。
寺の山門には大きなわらじが奉納されています。
わらじの前で一枚私の記念撮影。
納経を待つ恵子さん。
五重塔あり、鳥居ありの霊場。
108か所もある霊場。
次はいつになるのか。
人間は残した部分が気になる生き物です。
経済効果、人々を誘いこむ遍路旅。
或る意味、すごい商売上手とも感じました。


このエントリーの情報

  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (4839)

60歳からの旅 四国遍路旅 2013/02/24 1:45 pm











あまりにも有名な四国遍路。
行きたくても機会がなく、行けない遍路旅。
ついに四国霊場巡り、一部ですが行ってきました。
行きも帰りもみぞれ混じりの雨、曇り、寒い。
雪もありました。
雲辺寺、横峯寺は大雪。
四国で雪を見る旅。
瀬戸大橋は閑散としていました。
1200年前から人々を惹きつけ、遍路旅という特殊な
旅の形を今に伝える霊場巡り。
霊場はご本尊、空海大師の大師堂、それに縁起のタヌキ、
赤い鳥居、神様仏様、不動明王、七福神、
人々の祈り、願い、祈願が一同に会し、
派閥を超えた空間でした。

般若心経を唱え、寺を巡り、また、普段の生活に戻りました。
 戻ったその晩、数年前に他界した母が夢に現れ、
私を抱きしめてくれました。
人々が四国の霊場に何を求め、歩き、お参りするのか、
まだ、わからない。
自分自身を探す旅であることは
間違いないでしょう。

このエントリーの情報

  • コメント (1)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (5894)

ページナビゲーション

(1) 2 3 »

ピックアップ画像
南木曽.JPG 棚田.jpg 010.JPG
« « 2017 12月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
カテゴリ一覧
最新ブログエントリ
アーカイブ
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

長野県ランキングサイト
木曽路の里だよりは、長野県ランキングサイトに参加しています。
よろしかったら、上記のバナーをクリックしてください。